pbx電話機と他のIPフォンとの違い

かつてはアナログ回線を使用した電話が一般的でしたが、現在では光ファイバーとインターネット回線を利用するIPフォンが普及しています。IPフォンはインターネットのパケット通信を利用した電話サービスです。音声をデジタルデータに分割したうえで、IPネットワークを通して通話相手に届けます。一般的に企業などでは複数台の電話を設置する必要があります。アナログ回線時代からビジネスフォンと呼ばれる社内向けのサービスが存在しました。ビジネスフォンは外線と内線または内線同士をつなぐ主装置と専用の電話で構成されており、限られた回線を複数の内線電話で共有することができます。現在では光回線を使用したビジネスフォンが登場しています。一方pbx電話機もビジネスを目的としたものですが、ビジネスフォンは用途や機能に違いがあります。

ビジネスフォンとIPフォンについて

ビジネスフォンは企業が複数の内線電話を使用するための仕組みです。基本的に単独の事業所で利用され、電話の数も50台程度と小規模から中規模を想定しています。主に社外からの通話の取り次ぎに活用されます。発着信の利便性が追及されており、無人のオフィスに通話があった場合に留守番録音をしたり従業員の携帯電話へ転送することができます。ビジネスフォンはアナログ回線時代から、企業の限られた回線を有効活用するために利用されてきました。現在ではIPフォンが普及し、ビジネスフォンもインターネット回線を利用する時代となっています。ビジネスフォンのIP化はアナログ回線と比較してコストの削減を図ることができるだけでなく、クラウド化を可能としました。そのためスマートフォンやパソコンなどでも内線回線を利用することができます。さらに複数の事業所間で回線を共有するために登場したのがpbx電話機です。

pbx電話機を導入する場合とは

pbx電話機は複数のフロア間や本店と支店など複数の事業所間で内線回線を共有することができます。50台以上による中規模から大規模の内線回線利用や、50台以下でも複数の事業所間で通話することを想定しています。利用者が複数エリアに分散しており、異なるエリア間で通話することが多い場合に利用されます。通話の相手方は社内である場合と社外である場合が存在しますが、主に社内向けに内線回線を利用するためのシステムです。利用者が社内のどのような場所にいる場合でも、あるいは外出中であったとしても目的の相手と通話することができます。本店と支店の間をつなぐ社内通話は専用回線が使用されます。内線端末はPHSや無線LANが利用され、パソコンと連携した電話帳発信などを行うことができます。